オープニングスタッフと普通のスタッフ、どちらがいいの?

オープニングスタッフと普通のスタッフ、どちらがいいの?

新規開店する店で働くオープニングスタッフ

求人情報誌やネットの求人サイトを見ると、同じ職種でも「オープニングスタッフ募集」と書かれているものと、普通に「スタッフ募集」と書かれているものが存在します。どちらを選ぶのがいいのでしょうか。まず、オープニングスタッフというのは簡単にいうと、新規に開店する店で働くスタッフのことです。オープニングスタッフとして働くメリットとしては、なんといっても人間関係の良さでしょう。というのは、スタッフ全員が同じタイミングで働き始めるために上下関係がほとんどないからです。また、スタッフ全員が同じ苦労を共有しやすいので、まとまりやすく、人間関係に不安を持つ人にとっては働きやすい環境といえるでしょう。

オープニングスタッフはとにかく忙しい

オープニングスタッフのデメリットはなにかというと、やはり忙しいことです。大抵の店は新規オープン直後がもっとも忙しく、また、働き方のノウハウも確立されていないので、かなり慌ただしい状態になります。その点では、単に「スタッフ募集」という求人を出している店の方がいいといえるでしょう。既にスタッフがいるので上下関係が存在し、たとえば年下のスタッフでも職場の先輩としてあれこれいってくるという煩わしさはあるかもしれませんが、働くペースはほぼ一定で、困ったときは先輩スタッフに教えてもらえるため、仕事自体は楽だといえます。どちらがいいのかは応募する人の性格にもよりますが、仕事にやりがいを求めるタイプであればオープニングスタッフを選んだ方が楽しめるでしょう。

仕事探しが上手くいかないのは目に付いた求人に片っ端から応募しているのが大きな理由です。仕事に求める条件や自分の希望など仕事に対する方向性を明らかにするのが上手に就業するための条件と言えます。

Back to top