外資系転職をする場合に知っておきたい仕事の選び方

外資系転職をする場合に知っておきたい仕事の選び方

実力主義かどうかで転職先が変わる

今まで会社勤めをしていた人が、正当に評価されず退職するようなこともあります。自分の仕事は給料以上だと考えていても、給料が上がらずそこでモチベーションが下がり、退職をするような例は少なくないでしょう。特に、古い会社の場合にはいまだに年功序列式になっているところもあり、いくら頑張ったところで給料に反映されないこともあります。このようなときには、実力主義の外資系会社を選ぶと良いでしょう。外資系に年功序列式の考え方を採用しているところは少なく、完全実力主義を採用しているところがほとんどです。ただ、その実力主義も本当に実力がそのまま反映されるかは会社によって異なるところです。絶対的に自分の能力が高いと判断できるポジティブな人は、完全実力主義の会社を選ぶことでたくさんの給料を得ることが可能になります。

ワークスタイルに縛りはないところがよい

外資系の会社に転職する場合には、日本の会社と異なりワークスタイルが自由なところがあります。完全に型にはまっているところが好きならば別ですが、自由に仕事をしたい場合にはワークスタイルが自由なところ選ぶのがよいでしょう。例えば、服装はスーツを着用しなくてもカジュアルな服装で問題ないこともあります。実際に、アメリカの会社などではスーツを着用しなくてもよいところも少なくありません。ただ、営業会社の場合には、スーツを着用しなければいけないところもあるためイメージだけで選ぶのではなく、転職と時にどのようなワークスタイルになっているかを聞いてみることが重要です。

大手外資 IT6社において、IT人材の引き抜き合戦を防ぐための協定を結んだ事例があります。これは、企業側による優位的地位の乱用に該当するため、違法と認定されました。

Back to top