結婚した後も働ける?薬剤師という仕事の魅力

結婚した後も働ける?薬剤師という仕事の魅力

薬剤師ってどんな仕事?

薬剤師とは、お医者さんと同様、私たちが生活して行く上で欠かすことのできない大切なお仕事です。風邪をひいて病院に行ったときに、医師の処方箋を持って薬局に行き、お薬をもらいますよね?病気の治療を行う場合、医師だけでなく薬剤師の仕事が不可欠であることが身近な例からもお分かりいただけるかと思います。医薬分業が徹底されて以来、医師や歯科医師と並ぶ優れた専門性を持つ職業として、薬剤師の地位は着実に認知されるようになりました。そのため、かつては4年制であった薬学部も、医学部・歯学部と同様に6年間かけて学ぶ制度へと移行して行ったのです。

薬剤師になるにはどうすれば良い?

薬剤師になるためには、上述の通り、大学の薬学部に入学し、6年間かけて卒業した後に薬剤師国家試験に合格する必要があります。合格率は、新卒で85%、既卒で43%程度と発表されており、現役であれば概ね合格できるものとされています。国立・私立を問わず、薬学部に進学する学生の殆どが高校時代に化学を得意としており、理系志向であることは言うまでもありません。

結婚後や年齢を重ねた後でも働けるって本当?

全国の病院、調剤薬局・ドラッグストア、製薬会社のプロパーなど、活躍できる現場は多岐にわたります。薬剤師免許証さえ取得していれば、就職で困ることは殆どないと言えるでしょう。薬剤師専門の求人サイトで見つける人もいれば、空いた時間にパートとして調剤薬局に勤務する主婦もいるほどです。働き方が自由に選べて、2千円前後という比較的高時給であること、更に高い専門性を持っているため、年齢やブランクに関わらず仕事が見付けられることも、薬剤師になる利点の一です。年齢や性別に囚われることなく自由に働きたい人にとっては、目指してみて損のない資格です。

人手不足の薬局は多いことから、薬剤師のシニア求人を利用して転職する人は少なくありません。インターネットのサイトを利用するケースが多いです。

Back to top