保育士の仕事について!向いている人の特徴も紹介

保育士の仕事について!向いている人の特徴も紹介

保育士の仕事の目的とは

保育士の仕事の目的は、仕事をがんばる親御さんたちの子どもを預かるだけではありません。子どものお世話をしながら、子どもが生きていくための基本的に生活習慣を身につけさせるということが大切になります。食事の仕方や睡眠、清潔さ、衣類の着脱など、生活する上で必要なマナーやルールを覚えさせるということが、保育士の役割です。子どもたちの心身の成長をサポートし、その子どもたちの成長を一番近くで感じることができるのが保育士ということになります。

保育士の仕事はどんなことをするの?

保育士の仕事は、保護者に変わってオムツを交換したり、排せつの介助や着替えなどをサポートしたりします。そして、子どもたちと散歩したり、室内で一緒に遊んだりするのも保育士の仕事です。お昼になり、食事が終わったら絵本などを読み聞かせ、子どもたちを眠らせます。お昼寝が終わったら室内や園内で遊ばせ、保護者のお迎えを持ち、子どもたちを無事に保護者の元へお返しします。子どもたちを見送った後は、教室内の掃除、明日の準備、保育日誌を書いたりして、一日の仕事が終わるでしょう。

保育士の仕事に向いている人

保育士に向いている人は、責任感がある人、コミュニケーション能力が高い人などです。保育士は子どもたちだけでなく、一緒に働く先生たち、親御さんたちともコミュニケーションをとっていかなければなりません。話したり聞いたり触れ合ったりなど、色々な場面でコミュニケーションが必要になってきます。また、保育士は体力というのも必要になります。子どもたちを抱っこしたり、面倒を見たり、一緒に遊んだりするためには相当な体力が必要です。体力に自信があるということは、保育士をしていくにあたり大きな強みになるでしょう。

保育士の派遣を大阪を拠点として行っている企業はいくつかあります。数多くの求人の中から、ライフスタイルに合った働き方ができる勤務先を見つけることができます。

Back to top